PMS 漢方

PMSは漢方で治せる?

PMSは漢方で治せるのでしょうか?

 

PMSとは、女性の生理前の不快な症状の総称
「月経前症候群」のことです。

 

そして、症状の強さや種類には個人差はあるものの
生理がある女性の8割が、このPMSで悩んでいるといわれています。

 

この月経前の辛い症状は、婦人科での治療だけでなく、
気軽に買うことができる市販薬や
サプリメントなどで緩和できるようになりました。

 

特にサプリメントは、副作用の心配がないため、
気楽にチャレンジしやすいので、
多くの女性が利用しています。

 

 

また、漢方でPMS対策をしている女性も多く、
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や、
加味逍遙散(かみしょうようさん)、
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などが用いられています。

 

古来から受け継がれている漢方医学は、
PMS症状の改善に効果的です。

 

生活習慣や食生活を見直したり、
からだを冷やさないように努めたり、
サプリメントを使用するなどして症状の緩和を図っても
あまり効果がない・・・と言うようなときは、
漢方の力に頼ってみるのも良いと思います。

 

毎月辛いのは大変ですから、
あまり我慢をしないで、専門医に相談してみてくださいね。

 

PMSは薬を使って治せる?

PMSは、お薬を使って症状を緩和することができます。

 

最近は、PMSの市販薬も登場し、
多くの女性が使用していると言われています。

 

もちろん、婦人科等でも辛いPMSの改善のための
お薬を処方してもらえます。

 

症状が辛くて、
日常生活を健やかに過ごすことができないという人は、
あまり我慢しないで、
お薬を使うということも検討してみると良いと思います。

 

ある程度の期間続けて使うことで、
飲むのをやめても「前よりも症状が軽い」という効果が得られるそうです。

 

ただ、お薬を飲み続けるのは心配だな・・・という人は、
副作用の心配のないサプリメントで様子を見てみるのも一つの方法です。

 

 

なんといっても、生理は毎月のことです。

 

生理前2週間くらいから不快症状が出るという人は、
生理前の2週間、そして生理中の1週間を不快な状況で過ごすことになります。

 

女性だから仕方がない!

 

なんていわれてしまうこともあるかもしれませんが、
今は、PMSは対策できる時代です。

 

症状を緩和する方法は色々あります。

 

自分に合った方法で対策し、
辛い痛み、情緒不安定、肌荒れ、むくみ、めまいなどを
緩和できるように努めましょう。

 

 

>>トップのページへ